プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

アレクサンダー・スイミング2

今日は「ゆいこスイミング・スクール」の2回目のレッスンだった。

実は前回のレッスンの2週間後に、私一人で自主練をした。(←えらい!)
その日はバタ足で25メートルを4回に分けて泳げるようになった。
でも30分ぐらいしたら、肩でゼイゼイ呼吸するような感じで、
気管支がかなり苦しくなってしまった。
それは、泳ぐのが嫌いだった子供の頃に感じたのと同じ疲労感だった。
やっぱりぜんそく持ちだから、こうなるのかな。
それ以来、一人で泳ぐのはちょっと怖くなっていた。

それで今日ゆいこさんに私の動きを見てもらったら、
やっぱり余計な力が入っていることが分かった。
特に腕を前に伸ばした時、肩のあたりに力が入っていたみたいだった。

それから、息。
私はまだ息継ぎができないので、息が続かなくなったら立ち止まる。
そのタイミングが、私の場合、限界ギリギリになった時だった。
ゆいこさんに「限界までがんばんなくていいんだよ。
って言うか、そこまでがんばっちゃダメだよ」と言われて、
一人で激しくうなずいた。
私、なんでも限界まで頑張っちゃう癖があるから、
そのパターンがこういうところにも出ていたんだ。

今日も最初はちょっとゼイゼイいいかけてたんだけど、
腕を楽にすることと、苦しくなる前に止まることに気をつけたら、
ずっと泳いでいても、ちっとも息があがらない!

「ひかりさん、本当は結構息が続くのに、
余計な力が入ってたから、そこで消耗してたんだね」
と、ゆいこさん。
いやー、その通りでした!

泳いでいる最中に、水中でまわりを見ることもやってみた。
これをやったら、脚がめちゃめちゃ動くようになって面白かった、
脚と目がこんなふうにつながってるなんて、オドロキ!

今日のテーマとして、クロールの腕の動きを教えてもらった。
ここでも、ゆいこさんの教え方は、とてもユニークだ。
水泳教室なら、普通はまずフォームから教えるものだと思うんだけど、
ゆいこさんは「まずは好きなように動かしてみて」と言う。
どんな形でもいいけど、大事なのは、
腕を動かしたいという思いが体から湧き上がって来たときに、動かすこと。
それがこないうちは、進むのにまだ腕を動かす必要ないんだって。

しばらく好きに動かしたあとで、クロールの腕の動きの説明に入った。
でも、あんまり形を意識しない方がいいみたいだ。
無心になって動いたときは、力の抜けた「いい腕」になる。
そこで「じゃあ、こういう形なんだね」と思って、
うまくできたときの形を再現しようとすると、
必ずどこかに力が入ってしまう。

まず、首を楽にして、
頭が動く方向に体全部がついてきて、
どこかに力が入っていないか、苦しくないか、
瞬間ごとに自分のカラダと常に対話をし、
そしてまわりの空間ともつながりを保ちながら、
常に、今にいつづける。
なんと、水泳って、実はほとんど禅の境地・・・!

まだ息つぎを教わっていないので、
私が1回に進むのは5メートルくらい。
でも、その5メートルの「質」を、ゆいこさんはとても丁寧に見てくれた。
教ったのは一貫して「何をするか」ではなく、
やりたいことをするために、動きの中の「何をやめるか」
そしてやりたい動きを「どのようにするか」。

今日の最大の収穫は、
泳いでいて苦しくなる原因が、ぜんそくのせいではなく、
自分がしている無駄な力みだって分かったこと。
だから、一人で自主練するのも、もう恐くないよ。
今度また、自分のカラダと対話しながら練習してみよう。

私、泳ぐのがどんどん好きになってきた!

スポンサーサイト

新しい見かた

先週の日曜日は、久しぶりのレッスンだった。
4月に始まった新年度から、毎週通っていたクラスを減らして
1週間おきにしたので、自分としては新鮮な感じ。

最初は毎週レッスンに通わないと進歩しないような気がして
ちょっと不安だったんだけど、
今は間があいたからこそ、分かることもあるって思う。
よく会う人の変化には気づきにくいけど、
たまに会うとその違いがよく分かるように、
毎週末を過ごしてきたなじみのある風景の中で、
今回私は、自分の変化に気づくことができた。

私は今まで誰かのアクティビティを観察するときに、
大事なことを見落とさないようにと、動きをじーっと見たり、
問題を探るように特定の部分に注目する傾向があった。
でも今回は、まわりにいる人たちも視界に入れながら、
アクティビティを見てみようと思った。
そして、ずっとそれを実行していた。
そんなふうにしてアクティビティを見るのは、はじめてだった。
これがよく言われる「まわりを含める」っていうことかな?

その結果、特に観察眼が向上したわけではなかったけど、
そんな自分が新しいなあ・・・と思った。

「見ようとするのではなく、周囲が視界に入ってくることを許すように、
もっとぼんやり見なさい」って、これまで百万回ぐらい言われ続けてきた。
先生にサポートしてもらって目の使い方が変わると、
視界が広くなって世界がきれいに見えて、気持ちも明るくなる。
それは素敵な体験で、そういう目の使い方をすればいいって知っていても、
私にはなかなか実践できないでいた。

今回「まわりも見てみよう」って思ったのは、
2週間ぐらい前に「ゆりかもめ」に乗った時にやってみた
目の使い方を思い出して、時々実践してたから。
それは、そのとき本当に必要があって意識的に選択した目の使い方だった。
本当に自分で考えてやったことだったから、カラダが覚えたんだろうか。

時間をかけて熟した木の実がポトリと落ちた。
そんな感じの出来事だった。
検索フォーム
QRコード
QR