プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

3月のワークショップ「手を使う」

こんにちは。
風はまだ少し冷たいけど、陽射しはもうすっかり春!ですね。

1月から西荻窪の「ていねいに、」でスタートした
「はじめてのアレクサンダーテクニーク」、3月のテーマは「手を使う」です。
今回は特に、私自身がふだんは会社員をしていることから、
デスクワークでの肩こりを防ぐ手の使い方をお伝えしたいと思います。

さて、今「肩こりを防ぐ手の使い方」とサラッと書きましたが、
「肩こりと手の使い方がどう関係あるの?」 と思われるかもしれません。
ここでマメ知識をひとつ。
実は解剖学的には「肩」というものは存在しません。
私たちがいつも「肩」と呼んでいるものは、
ホネとして分類すると「腕」の一部なんです。

腕の一部であるからには、
手を動かしたときに一緒に動くものなのですが、
見た目の印象から「肩」=「胴体の一部」というイメージがあるのか、
このあたりを動かないものとして、無意識に固定していることも多いのです。
本来動くはずの関節を動かないようにしていると、
その代償として別の場所で頑張らなくてはならなくなります。
それが肩こりが起きる原因のひとつと考えています。

でも、動きのクセは人それぞれ。
ワークショップでは、こうした動きのメカニズムを知ったうえで、
〝その人の動き〟の中で、〝そのとき〟一体何が起きているのかを
一緒に探求していきます。

以前の私はひどい肩こりで、整体などに定期的に通っていましたが、
アレクサンダーテクニークを学んだ今では、
4時間ぶっ通しでテープ起こしをしても平気です(←実話)。
もちろん整体などで人にほぐしてもらうのは今も好きですが、
自分でそうならないようにできたら一番いいですよね。

私がアレクサンダーテクニークを学んで良かったことは、
自分がどんな動きをしていて、どこを動かさないようにしているのか、
自分で気づけるようになったこと。
それに気づいてあげるだけで、体はひとりでに変わっていく。

そんな体験を繰り返していくうちに、
不完全で鍛えるべきものと考えていた自分の体を、
信頼できるようになったことが一番の収穫でした。

テーマは一応、デスクワークと肩こりですが、
どんな問題も体の中でつながりあっているので、
それ以外のテーマでも歓迎します。

ブログ内のメールフォームよりお申し込みください。
ご参加、お待ちしています!


●日にち :3月25日(土) 18:30〜20:30
●場所 :「食とセラピー ていねいに、」(JR西荻窪 徒歩7分)
●参加費:3,000円
●定員:4名
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR