プロフィール

hikari

Author:hikari
アレクサンダー・テクニークを教えています。からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

敏感さと付き合う

小学生のとき、エレクトーンを習っていた。
聴音だけはなぜだか抜群だったけど、練習が嫌いで演奏は苦手な子供だった。
小学1年生の初めての発表会の日のこと。
父に手を引かれて会場の廊下をあるいていると、
「コンドルは飛んで行く」のメロディが聞こえてきた。
その刹那。天井がパックリと割れて、
抜けるような青空高く、コンドルがゆったりと飛んでいた。

私はそれを見た。
確かに見たとしか言いようのない体験だった。
あまりにリアルな体験だったので、
長い間、あの空とコンドルを本当に見たと信じていた。

そんなことを思い出して書いているのは、
去年の秋頃にHSP(Highly Sensitive Person)という考え方を知ってから。
「とても敏感な人」という意味で、
このタイプの人は全人口の20パーセントぐらいいるらしい。

診断テストのチェック項目に答えていくと、9割くらい該当して、
ああ、わたし間違いなくこれだなあと理解すると同時に、
これまでの自分の人生で起きた色んな体験、
印象的だったこと、不思議だったこと、大変だったことなどの記憶が
つながりを持ってストンと腑に落ちるようになったのだった。

それから関連書籍をたくさん読んだ。
今まで「考えすぎ」「気にしすぎ」と言われてきたことも、
否定的に考えなくていいんだと思えるようになって、気持ちが楽になった。
この敏感さは生まれつきの個性、才能なんだと思えるようになったから。

たくさんの情報を受け取ることは、きっといいことでも悪いことでもなくて、
受け取った情報をどういうふうに解釈していくかが、
人生の豊かさや、場合によっては生き難さにつながるんだと思う。

子供の頃からの色々なことを思い出していくうちに、
私は音から映像を連想する傾向があるみたいだと思った。
冒頭に書いたエピソードは、
音から生まれる想像力が良い方向に向かった体験だったけど、
苦手な音に対しても、その能力は活かせるんじゃないかな? と考えた。

例えば、私は自動改札の「ピッ」という直線的な電子音が苦手。
駅によっては、思わず飛び上がるくらい音が大きいことがあり、
その音が耳に突き刺さるように感じて、とてもつらい。

そこで「耳に突き刺さる」というイメージを
別のものに置き換えてみることを思いついた。
例えば、定期を改札機にタッチしたときに、
キラキラ輝くきれいな薄い氷の壁を破って向こうの世界に行く。
そのとき氷が割れる音というのはどうだろうって。

やってみたら、音をからだ全部で受け止められていい気分だった。
今書いてて気づいたけど、耳に刺さると思っていたからこそ、
かえって耳だけで受け止めてしまっていたようだった。

これまで敏感すぎる自分にコンプレックスを持っていたけど、
その感覚をプラスに活かせるようになるといいな。
スポンサーサイト

腕の使い方と肩こり 実践編

先月デスクワークと肩こりのテーマでワークショップを開いた後のこと。
会社の仕事で大量のコピペ作業をする機会があったので、
自分で教えたことをあらためて実践してみました。

どんなふうにするのかというと、
マウスやキーボードに手を伸ばす前に、
自分自身にこんなふうに質問することから始めます。

どんなふうに椅子の上で私の背骨はバランスを取っているかな?
上体は坐骨の上にバランスしている?
背骨の長さはどのくらい?
背骨のてっぺんはどこで、どんなふうに頭蓋骨と出会っている?

質問をすると、それに答えを返すように、
体のどこかでギュッと頑張っていた部分がほどけて、
上体がふわっと上方向に伸びて行きます。

背骨が本来の長さを思い出すと、
自分には脚があったことを思い出し、
そこで脚と床とのつながりを感じてみます。
2本の脚と2つの坐骨で上手にバランスが取れていると、
姿勢を保つために背中の筋肉を使う必要がないことが実感できます。

さて、いよいよマウスとキーボードに手を伸ばしてみよう。

筋肉のつながりで考えてみると、
腕は頭からぶら下がって、肋骨の上にふんわりと乗っかっているのです。
だから、腕を動かすときは頭とセットでとらえてみよう。
キーを押すときに、自分自身も一緒に押し下げないように。

マウスをクリックするときも、タイピングをするときも、
いつも頭は高いところにあって、背中は長く、
2つの肩甲骨の間はずっと広いまま。

そんなに体のことを色々考えながら仕事に集中できるのかと
不思議に思われるかもしれないけど、意外と大丈夫。
考えは文字にすると長いけど、
脳の中を流れるのはほんの一瞬のことだから。

今回自分にレッスンしてみて発見だったのは、
ホネで上手に体のバランスが取れていると、
自分とパソコンの間にいつでも広い空間があって、
パソコンに意識が吸い込まれそうになったとき、
その空間がエアバッグのようにそれを防いでくれるということ。

おかげで大量のコピペ作業はサクサクはかどり、
終わったあとはいつもより元気。

身につけるのに少し時間はかかるけど、
本当に一生モノの技術だと思うのです。
検索フォーム
QRコード
QR