プロフィール

hikari

Author:hikari
アレクサンダー・テクニークを教えています。からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

米寿のレッスン

前回の更新から1ヶ月近くが過ぎてしまいました。
今日はちょっと違う話題です。

最近、私のおばが背中を痛めてしまいました。
おばは今月米寿を迎えます。
背中がだいぶ丸くなっているので、
骨に負担がかかっているだろうと思っていましたが、
病院に行ったら、脊椎の圧迫骨折だとのことでした。
最初の2週間ほどは痛くて動けないという状態だったので、
近くに住む私が身の回りのお世話や痛みのケアなどをしていました。

特に椅子から立ち上がるときに、背中が痛むようだったので、
私はアレクサンダー教師として、その動きのお手伝いをしてみました。

本人はとにかく動くと痛いものだから、
「動きのレッスン」と言われても、最初は全然乗り気ではなかったのですが、
私は「ちょっとだまされたと思ってやってみて」と言って、
痛みがおきないであろう方向へと手を使って誘導しながら、
椅子から立ち上がってもらいました。

すると。
「あら・・・? 痛くない」
首をかしげながら、そのまま少し歩いて、
もう一度、「どこも痛くない・・・」とつぶやきます。
そして神妙な面持ちで「もう一度やってみる」と言って、再び椅子に座ったので、
私は「しめしめ」と思いながら、もう一度動きの方向を誘導します。
「あら・・・? やっぱり痛くない・・・」

私が誘導した「痛みが起きないであろう方向」とは、「前へ、上へ」ということ。
おばは立ち上がろうとするときに、
上体を後ろに引いて腰で体を支えようとするクセがあり、
それが背中の痛みにつながっていると思ったので、
本人が思っているよりも「前で」バランスをとることを体験してもらったのでした。

この体験はとてもおばの気に入ったようで、
それから熱心に練習を重ね、
今では椅子から立ち上がるのがすっかり上手になりました。
私が行くと「見ててちょうだい」と言って立ち上がってみせて、
そのあと、「あ~気持ちいい」というのです。

最初の「痛くない」という感想も嬉しかったけど、
「気持ちいい」という言葉が出てきたことは、もっと嬉しかったです。

最初は苦痛だった「立ち上がること」が喜びになったこともすごいと思うし、
動きが気持ちよく感じられるということは、
自身がもっている生命力を感じている、しるしでもあると思うから。

歩くなどのほかの動きではまだ痛みが出るので、
これからレッスンを重ねて、もっと自由に動けるようになってほしいな。

おばさん、これからもずっと元気でいてね。
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR