プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

アレクサンダーと側わん(2)

週1回、30分の個人レッスンを受ける生活を1年間続けました。
それは私にとって、体を治すためではなく、
自分の体とともに楽しく生きるためのレッスンという位置づけでした。
以前に「体を治す」と思って努力を重ねた結果、
気持ちがすさんでしまったので、
一度その考えから離れようと思ったのです。

自然な立ち方・座り方、デスクワークでの体の使い方のほか、
歌が好きだったので歌うこともよく取り上げたし、
「言いにくいことを言う」なんていうテーマを選んだこともありました。
レッスンでのアクティビティは、その日の気分で決めました。
音楽であれ、ストレッチであれ、心理的な内容であれ、
どんなテーマであっても、必ずそのための体の使い方を提案してもらえるので、
習い事としては、ある意味とてもお得だったと思います。
(音楽教室とフィットネスと心理カウンセリングに同時に通うと、
とても時間とお金がかかりますからね!)

1年が過ぎる頃には気持ちも大分変わってきたし、
よく気がつく人からは「動きが軽やかになったね」と言われるようになりました。
そして、いよいよ教師養成コースに入るため、
提出する申込書に自分自身について書いていたときのことです。

「私は脊椎側わん症です」
こう書こうとして一瞬みじめな気持に襲われ、
それからハッと気がつきました。
ちがう。そうじゃない。
「私の脊椎には側わんがあります」
こう言ったほうが自分の気持ちにぴったりくる。
何より誰かに伝えるのに抵抗がない。

どうしてかというと、
「私」イコール「側わん症」ではないから。
それは私の体が持つ特徴の一部であって、私のすべてではない。
私の脊椎には側わんと呼ばれるカーブが“ある”。
何かが“ない”、つまり“欠けている”のではない。
そうか、そうだったんだ!

「君はすでに完璧なんだよ」
忘年会でジェレミーに言われた言葉がよみがえりました。
気持ちが一気に軽くなりました。

以来、自分自身に「側わん症」という言葉を使うのはやめて、
「私は脊椎に側わんがあります」という言い方をするようになりました。
なので、このシリーズの書き出しにも、そのように書きました。

プロコースで一緒にトレーニングをするクラスメートたちにも、
必要のある時には、自分から言えるようになってきました。
最初は説明するのに声が震えたものでしたが、そのうちに慣れました。

あるとき、一緒にレッスンを受けていた一人の女性が
授業の休憩時間、私にたずねてきました。
「ねえ、hikariさんの体、腰はとってもバランスがいいのに、
背中はどうして右側と左側でそんなに高さが違うの?」

自分でも意外なことに、私はその質問をとても嬉しく感じました。
それまで出会った人は、私の体が他の人と違うことに気づいても、
気を遣って正面からは話題に取り上げないことがほとんどでした。
でも彼女はきちんと私の目を見て、そして言葉を選びながら質問してくれました。

20代の頃、少しだけいたアルバイト先での小さな出来事を思い出しました。
「あの子かわいそうにね、あんなきれいな顔をしてるのに」
少し離れた場所で何人かが私の方を見ながら、声をひそめて話していました。
それが悪口ではないと頭では分かっていても、
また今こうして思い出してみると、むしろ好意的な感じすらするのですが、
その時私はなんだかとても傷ついたのです。

アレクサンダーの教室で私に質問をしてくれた女性からは、
「かわいそう」というのとは、ちょっと違う態度が感じられました。
何より嬉しかったのが、「見ないふり」をされなかったこと。
なぜって、それは私という人間の根幹にかかわることだから。
その質問からは「あなたの本質に触れますよ」という、
彼女のやさしさと責任感が伝わってきました。

今こうして当時のことを振り返ると、
ひそひそ話に傷ついた20代の頃と違って、
アレクサンダーテクニークを学び始めた時点で、
私に「話題にしても大丈夫そう」な雰囲気が備わったのかもしれません。

私が質問に答えて自分の体について説明すると、
彼女はただ自然に受け止めて、それ以上は特に何も言いませんでした。
私には、その距離感もとても嬉しいものでした。
彼女の態度は、私もいつか、こんなふうになりたいと思えるお手本でした。

続きます。
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR