FC2ブログ
プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターナー展に行ってきました

最近美術館に行っていないなあと思って、
仕事の後に東京都美術館で開催されている
ターナー展に行ってきました。

ターナーは18世紀後半から19世紀中ごろにかけて
活躍した英国最高の風景画家だそうです。

画家になりたての頃の絵を見ていると、
この人は絵を描くのが好きで好きで
たまらなかったんだろうなーというのが、
ものすごい正確さで、細部をたんねんに描きこむ
タッチから伝わってきました。

そして年をとるにつれて
作風が抽象的な感じに変わっていって、
若い頃は建築物とか自然風景といった
目に見える「もののかたち」に美を感じていたのが、
晩年には「エネルギー」のような、
目に見えないなにかを表現しようとしているように
思えました。

風景画が見せてくれる視野はとても広くて、
大地から空までがいっぺんに見渡せます。
つまり、画家の視界がなにか特定のものだけに
フォーカスしていないことが分かります。

不思議なことに、絵の前に立っていると、
それを見ている私の心と体に、
「今ここにいる」という感覚が立ち上ってきます。

ああ、この目の使い方は知っている、
きれいな景色を前にしたときは、
私もこんな風に見ているってことを
名画を前にカラダが思い出してくれました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。