FC2ブログ
プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るい方へ

何かが「頭ではなく体で分かる」ときがある。
思い出すのは、子供のときのこと。

プールで初めて体が浮いたとき。
逆上がりができたとき。
補助輪なしの自転車に乗れたとき。

そのとき、世界が一瞬静かになって、それから
「あ、わかった!」っていう喜びが全身を駆け抜ける。

世界が静かになったのは、
それが自分にとって、まだ名付けられていない
新しい体験だから。

アレクサンダー・テクニークのレッスンの中で、
私はよくその静けさを思い出す。

古い習慣を手放すことによって起こる新しい体験は、
ちょっとした「ブレイクスルー」を引き起こす。

最近私にブレイクスルーを起こしたのは、
ある日ふと頭に浮かんだ、ひとつの言葉がきっかけだった。

「明るい方へ」

どういうタイミングだったか、
残念ながらもう忘れちゃったけど、
そんな言葉を思いついたとき、
頭の中は静かな感じで、それからじわんと喜びが湧いてきた。
「あ、わかった!」って。

私は物事を深く考えたいたちで、
それがなぜかを理解したいがために、
ずっと一つのことを考え続けてしまうようなところがある。
そのこと自体は悪いことではないけれど、
いわゆる「頑張り癖」につながっていたと思う。

でも「明るい方へ」と思ったとき、
何かを考えることがストレスになるのなら、
別の楽しいことを考えればいいんだって分かった。
正確に言えば、
そういう選択肢があるってことに気がついた。
暗闇で道に迷ったら、素直に明るい方へ行けばいいんだって。

人が聞いたら「当たり前」って思うかもしれないけど、
私には、とても新鮮な気づきだった。

自分が無意識にやっている反応パターンは、
ほとんど自分と一体化していて、
アイデンティティそのものだったりするから、
自分がどういう選択をしているか気づくまで、
とても時間がかかることがある。

アレクサンダー・テクニークは、気づきのレッスン。
そんな「ブレイクスルー」を自分で起こせるのが
本当に素敵なところだと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。