FC2ブログ
プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見え方が変わる

アレクサンダーテクニークを教えるために必要な観察眼、
つまり人の動きを見る力を養いたくて、
通勤の道すがら、よく人を観察する練習をしていました。

たとえば歩き方の癖が強い人を見かけると、
この人はどこの関節を固めているのかな?
その緊張をほどくためには、どんなワークをしたらいいだろう、
なんて考えたりして。

でも次第に、そういう見方っていかがなものだろう、
と思うようになってきました。
練習とは言え、人の欠点を探しているようなものなのでは?
自分がレッスンに来た生徒だとしたら、
先生にそんな風に見られたら嫌だよね・・・

先日、ティーチングメソッドの授業で、
こんな練習をしたことがありました。

それは、先生役と生徒役の二人ひと組になって、
二つの違う見方を体験するというもの。

ひとつの見方は、先生が生徒の問題を探るようにして見る。
もうひとつは、先生がまず自分自身に注意を払いながら、
生徒を視界の中に入れて、ただ見守っている。

やってみると、これは結構キョーレツな体験で、
問題を探るように見ていると、
明らかに生徒が緊張し始めるのが分かります。

そんなこともあって、
どうやって見るかについて、最近ずっと考えていたのですが、
トミーが帰ってしまった週明けの月曜日、
通勤中によく人の動きを観察していた道に来たときに、
見える世界が変わってしまったことに気がつきました。

ああ、みんな、その人なりの歩き方をしているんだな・・・

道行く人を見て、そんなふうに思える自分がいました。

変化のきっかけになったのは、たぶん
2日間にわたって取り組んだテーブルワーク。
繰り返し練習する中で身についたことは、
手を使って相手の体の声を聞き、その構造を尊重することでした。

そう、私は人を、こんなふうに見たかった。

見るために必要なことが、
目で見ること以外の体験から得られたということが、
とても面白い気づきでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。