FC2ブログ
プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレクサンダーは時間がかかる

私が「アレクサンダーテクニーク」というものを始めて知ったのが、
2008年の夏ごろだったから、今からちょうど6年前になる。
体験レッスンを1回受けて、その場で教師の資格を取ることを即決した。

フルタイムというコースに通えば
平均4年ぐらいで資格が取れると聞いて、フルタイムにした。
当時は人並みに4年くらいで先生になれると思っていた。

それから6年。
途中いろいろと時間がかかってしまい、
第2段階になってから、今年でやっと2年になる。
実習に入る第3段階へのアセスメントを受けるタイミングは、
自分で決めることになっている。
そのタイミングは、時期が来たら自分で分かると思っていた。

でも、いつまでたっても自分が「できる」と思える時期が来なくて、
相談してみたら、
「それは“できる”と思うタイミングじゃなくて、
“やってみたい”と思うかどうかじゃない?」
と言われて、なるほどそうだなと納得した。

それが2カ月ぐらい前のこと。
それから一度「アセスメント受けるぞ」と一大決心をして、
いろいろ頑張っていたんだけど、ここへ来てまた迷いが生じている。

なぜなら、自分の心の中を探ると、アセスメントを受ける動機が
主に「焦り」だということに気がついたから。

お金が続かないから、早く資格取って卒業したい。
同時期に勉強を始めた人たちはみんな自分より先に進んでいる。
後から勉強を始めた人たちにも、どんどん追い越されている。

お金がかかるというのなら、またしばらく休学するとか、
授業数を減らすとかもできるはず。
それをしないのは「また遅れてしまう」と思っているから。
つまり人と比べているから、焦っているというわけ。
なんか、無駄にプライド高いなあ、私・・・

時間がかかることそれ自体は、人と比べさえしなければ、
いいも悪いもないんだよね。

お金が続かないのは、現実問題として、困る。
それじゃあ、もしもお金に余裕があったら、どうする?
--もっと時間をかけて学びたい・・・かな。
少なくとも、いついつまでにアセス受けなきゃとか、
こんなふうに自分を追いたてたりしたくない。

ということは、お金がかかるから早くしようって思うのは、
本当は今やりたくないことをやろうとしているわけだ。

アレクサンダーテクニークは誰に強制されているわけでもない、
本当に自分が好きで、興味があって、必要で学んでいることだから。
他の人とくらべて自分がどうとか、関係ないんだ。
お金のために先生になりたいわけじゃないんだ。
ただ好きだから、その想いを表現したいだけなんだ。

だから、納得いくまで時間かけたらいいじゃない?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。