FC2ブログ
プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向オンチ

2回目のアセスメントで生徒をしてくれたのは、
以前の職場の同僚だった。

アセスの後、2人で祝杯をあげたんだけど、
いろんなことを話しているうちに、
「そう言えば前に一緒に奈良に行ったよね」って話になった。
私がアレクサンダーを学び始めるよりも前だから、
もう10年近く前のことだと思う。

その時の思い出を、友達がケラケラ笑いながら語ってくれた。

「○○駅についたとき、hikariさんが地図も見ずに
確信に満ちた足取りでズンズン先を歩きはじめるから、
“ねえ、道知ってるの?”って私が聞いたら、
hikariさんがキョトンとした顔で
“ううん、知らない”って答えたの。
この人、勉強できる風だし、仕事もしっかりしてるけど、
目的地がどっちか知らないのに歩き始めちゃうんだ!
って、その落差にすごいびっくりしたんだ!」

・・・そうなんです。実は、私はひどい方向オンチ。(赤面)
ああ、そのときの情景が目に浮かぶ・・・。

そして、その時の自分がなぜそういう行動をしてしまったのか、
アレクサンダーテクニークを勉強した今なら、理解できる。

あのですね、そのときの私は駅についたとき、
たまたま目に入ってきた方角に、何も考えず自動的に反応したんですね。
つまり、その行動は刺激に対する単なる反射であって、
いくつかの選択肢から選んでたわけじゃないの。
一点を凝視する癖もあったから、視界も狭かったと思う。

アレクサンダー用語でいうと、
初めての土地で地図も見ず歩きだした私は
エンドゲイナー(目的にむかって突進する人)。
一方、その衝動的な動きを抑制して、
自分の今いる位置と目的地を地図で確かめて、
道順を調べてから歩きはじめるのが
ミーンズウェアバイ(目的達成のための手段)ってことになる。

アレクサンダーテクニークは、
刺激に対して反射的にしてしまう動きを変える技術。
無意識的にしている自分の動きに気づきを向けることで
意識的に行動できるようにするというトレーニングをしてきた。
だから今は、方向オンチは治っているハズ。
・・・だといいな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。