FC2ブログ
プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽さを選択する

これまでずっと、階段を上ると息切れを起こしていた。
アレクサンダーテクニークを学んでからは、
昔に比べるとずいぶん息が切れなくなったと思う。
それでもまだ息切れがしやすくて、たまに人からびっくりされることもある。

この間も駅の階段を上っているときに息が切れ始めた。
そのとき、考えるのがなんだかめんどくさかったので、
開き直って自分が楽に感じられる体勢をとった。
自分としては背中を丸めたへんな姿勢だったんだけど、
階段を上る自分の姿をガラス越しに見てみたら、
背中はぜんぜん丸くなくて、
むしろスッとのびて、流れのあるきれいな姿勢だった。
その状態で上ったら、スタスタ上がれるうえに、
息が全然切れなかった。

そうかー、これでよかったんだ!

いわゆる「気をつけ」が体に負担をかけることは知っていたし、
それをやめたら楽になることも、何度もレッスンで体験してきた。
でも、いまひとつ実生活で楽にならなかったのは、
学んだ知識に沿って自分を動かそうとしていたり、
以前うまくいったときの感覚を再現しようとしていたから。

どうすれば楽に動けるか、
今この瞬間の自分の体に聞いて、従ってみた。
そうしたら、うまくいった。

それができたときに、
自分が怠けているような感情がやってきたのは、
私が日頃がんばりすぎていたっていうことだね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。