FC2ブログ
プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人を変えるために、特別なことはなにもしていない

この間自分が教えたレッスンで
「下を向く」が上手に教えられなかった。

それ以来、どうやって下を向いたらいいのか、
自分なりに試行錯誤しながら、ずっと考え続けていた。

なんとなくわかってきたことは、
首の動かし方それ自体を変えるよりも、
立ち方や座り方での全身のバランスの取り方が変わると、
首の動きが自ずと変わるということだった。

脚や胴体に無理がないと、
その上にある頭と首は楽に動くのだった。

やっぱり、部分ではなく全体を見るってことなんだね!
って納得。

そんなことに気づいたとき、
記憶の中にある、ひとつの出来事が思い出された。

ちょうど1年前の秋のこと。
福島に住む80代の伯母が末期癌で入院していた。

戦争中に青春時代を過ごした伯母は
生涯独身だったので、子供や孫がいなかった。
その分、甥や姪である私たちをとても可愛がった人だった。

そんな伯母の最後の日々に、
必ず誰かがそばにいられるようにと、
私たち兄弟はシフトを組んで毎日東京から通うことにした。

入院している伯母は、はっきりとした意識はあるものの、
目も見えず耳もほとんど聞こえず、
声をだすこともできない状態で、
手も脚も、体じゅうが痛みで硬直していた。

伯母の体を少しでも楽にしてあげたいと、
私は一生懸命にアレクサンダーテクニークを使った。
頭の位置をわずかに調整したり、腕の緊張にはたらきかけて
呼吸が楽になるようにしたり。
でも、痛みそのものがなくなるわけではないし、
その緊張は痛みに耐えるために必要なものにも思えた。

ある週末、病院に家族全員がそろった。
私たちは伯母のベッドを囲んで、
次の週のシフトを決める話し合いをしていた。

「俺、その日はダメ、大事な会議があるから」
「うわー俺もダメ。ここは休めない」
「じゃあこの日は私がでるから、代わりにこの日出てよ」
「しょうがないなあ、なんとかするよ」

こんな交渉の末、シフトが決まった。
サラリーマンの日常丸出しの、和やかな雰囲気だった。

ふと伯母を見ると、さっきまで苦しそうだった体が、
明らかに、とても楽そうにゆるんでいた。
まるで「あー安心した」とでもいうように。

会話の内容は聞こえていないはずなのに。
私たちの和やかな談笑に、体が反応をしていたのだ。
肌感覚で、その場の空気がわかるのだろう。

1人を変えるために、特別なことはなにもしていない。
それを起こしたのは、私たち全体の変化だった。

それからほどなくして、伯母は天国へ召された。
その日決めたシフトは途中で終わった。

ちょっとしんみりするエピソードだけど、
全体性を思うとき、私はこの日の光景を思い出す。
とても大切な思い出だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。