FC2ブログ
プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分自身に気づくこと

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、
自分自身がしている動きに気がつくことがとても大切。

今日、1年目のクラスメートとおしゃべりしていて、
「そんなにいつも自分に気づいていなきゃいけないなんて、
めんどうくさくならないですか?」
というような話になった。

そうそう、私もずっとそう思っていたなあ。
でも、今ではそんなに大変と思っていないし、
むしろ気づくのが楽しくて仕方ない。
何か刺激が来たり、あわてていたりすると、
すぐに注意が持っていかれてしまうけど、
後から思い出したりすることもある。

自分に気づけるようになるって、どういうことだろう。

以前、知り合いが
「カラーコーディネーターの資格試験の勉強をしていたときに、
すごく微妙な色の違いが見分けられるようになった」
って言っていたことがあったけど、
それとちょっと似ているかも。

「青」と「藍」の違いが分かるのと同じように、
トレーニングを続けていると知覚が発達してきて、
自分が体のどこに、どのくらい力を入れているのか、
日常の中で無理なく自然に気づけるようになる。

目に風景が、耳に音が入ってくるのと同じように、
筋感覚も自然に向こうからやってくる。

でも、考え事をしていたり、
人から見られるなどの強い刺激が来たりすると
それに注意を持っていかれるから
すでに見えているものが見えなくなるということが起きる。

自分のやりたいことをしながら、
同時に自分自身に気づき続けるなんて、不可能!
特に急いでいたりなんかするときは。

・・・って私もずっと思っていたんだけど、
今は「経験を積めばできるようになる」って思う。

だって、生まれてから今までに身につけた能力って、
「~しながら~すること」の連続なんじゃないかな。
もうすでにできているから
複数のことを同時にやっているって思わないだけで。

たとえば、私は今パソコンのキーボードを使って
文章を書いているけど、
学生のときに初めてワープロを使った時は
「こんなの絶対無理!」って思ったもん。

まず書きたいことを考えて、
その言葉を頭の中でローマ字に分解してから、
キーボードの中から正しいキーを選んで叩いて、
画面にひらがなを表示させたら、
そのいくつかを漢字変換して、
(しかも誤変換に気をつけて)
やっと確定して一文が完成!

ふう。
アルファベットとひらがなと漢字を使い分けている
日本人って、つくづく偉大。

そして、そんな複雑なことを
今やものすごいスピードでこなしながら、
同時に「今何時だろう?」とか
「ちょっと寒いな」とか
考えることができるんだから、
あらためて人間ってすごいと思う。

経験を積んだから、できるようになったんだよね。
そのために、毎日ちょっとずつでも
気づきの時間をもつようにする。

授業で誰かがしている
微妙な動きが見えないことが何度もあって
(正確に言うと見えてはいるけど、分析できない)
「まだまだだなあ」って落ち込んだりするけど、
つらつらと書いてたら頭が整理されて、
なんか、大丈夫な気がしてきた!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。