プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米寿のレッスン2

前回の記事で書いた米寿のおばと、
「椅子から楽に立ち上がる」ためのレッスンをしてから1ヶ月。
先日様子を見に行くと、背中の痛みもだんだんなくなってきたそうで、
一人で電車に乗って外出できるようになっていました。

「あんたには本当にいいこと教えてもらったわ」と言います。
なんでも、この頃は体のどこかに痛みを感じると、
一度椅子に座って、教えてもらった「立ち上がる」動きをすると、
体がスッキリして、痛みが消えるのだそうです。
お〜、チェアワークにそんな使い方があるなんて。

実際に椅子から立ち上がるところを見せてもらったところ、
もう本当に上手でびっくりしました。
年齢とともに丸くなってしまった背中の形自体は変わりはしないけど、
それまであった下向きに入れていた力みが抜けていて、
上に向かって解放されていくような、しなやかさが見えました。
良い姿勢というのは、単にまっすぐな形のことではないのだと、
おばは私に示してくれました。

では、私がおばに何回レッスンをしたかというと、たぶん3回ぐらい。
あとはおばが一人で何度も何度も練習をしたのだと思います。

最近は「歩く」レッスンを始めました。
見ていると、“こうすると膝が痛くなる、逆にこうすると痛くない” など、
私が教えた知識に頼りきらず、自分の体に聞きながら動いている様子。
ああ、だから上達が早いんだなあと納得。

そんなおばを見ていると、
「年のせいであちこちが痛い人」から、
「痛くない動きを自分で選べる人」へと、
アイデンティティが変わってしまったように見えます。

「あんたの教え方が上手だからじゃない?」って言ってくれたけど、
いえいえ、むしろ私が教わることばかりです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。