プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺でアレクサンダー・テクニークを教えています。からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

頭は高いところにある

今日も“米寿のレッスン”シリーズ。

88歳のおばと、最近、歩きかたを探究するレッスンを始めました。
以前から、おばの歩き方が「すり足」になっているのが気になっていました。
転んでけがをしたこともあったので、歩き方は大事な課題です。
私はかねがね「足首がもっと動くと、歩きやすくなるのにな」と思っていました。

そこで、まずは歩くときに足首を動かすことを提案してみました。
…が、やってみると、なんだか違う。
確かに足首は動いているけど、からだ全体として見ると、しっくりこない。
頑張っている上に、さらに努力を加えたような動きになっています。
何より、椅子から立ち上がったときのような、あのしなやかさがないのです。

椅子から立ち上がった直後は、体が上に向かって伸びていってるし、
下を向きがちな頭も、ちゃんと高いところにあるのに。

そこで、ハタ!と思いつきました。
「歩く」という動きだけを取り出して練習するのではなく、
椅子から立ち上がった良い状態から歩く、という流れにしてはどうだろう。

というわけで、おばに椅子から立ち上がってもらい、
さて歩き出そうとしたその瞬間、ある傾向が見えました。
首を前(進もうとする方向)に突き出してしまうのです。
しかし、その頭の方向性は脊椎との関係で言うと「前」ではなく、
「下向き」に押し下げていることになります。

「おばさん、頭はね、立ちあがったときだけじゃなくて、
歩いているときも、ずっと高いところにあるんだよ」

「頭は高いところにある」を思い続けられるように、
私はおばの頭に軽く手を添えました。
そして、そのまま何歩か歩いてもらいました。

「あら~、頭が高いところにあると、足が自然に上がっちゃうわねえ。
さっきまでは、頑張って足を持ち上げようとしてたんだけど」

そう、そう、そう!
頭と脊椎の関係性を整えると、正しいことが勝手に起こるのです。
さっき無理に動かそうとしていた足首がちゃんと動いているだけでなく、
腕の振りも自然に起きています。

「頭が高いところにある」という表現は、
その時の体験とともに、おばの運動神経に刻み込まれたようで、
その後は私が手を添えなくても、とっても素敵に歩いていました。

このことは、私にとっても原点に帰るような体験となりました。
最初は性急に、起こってほしい結果にアプローチしていたので、
うまくいかなかったのです。
あらためて、動きの中で何が起きているか、
そのプロセスを丁寧に見ていくことが大切なのですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR