プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

脊椎側わんの話(5)

前回からの続きです。

それから私は、インターネットでリサーチを始めました。
インターネット――私が学生の頃にはなかったツールです。
そこで色々な知識を得ましたが、混乱も増しました。

ネット上には、大きく分けると2種類の意見がありました。
ひとつは、整体などを“民間療法”と呼び、存在自体を完全否定する意見。
もうひとつは、現代医療に不信感を抱き、否定する意見。
どちらの主張も理解できるけど、
どんな意見でも、異論を許さない雰囲気があるものは恐かったし、
自分の求めているものではない気がしました。

自分としては、整体などの存在は否定はしない。
だけど自分の側わんに対しては効果がなかったこと、
それまでの13年でわん曲が進行していたこと、
そしてこれからも進行する可能性が高いことを考えて、
手術を受けることを決断しました。
こう書くと、とても冷静に判断したように読めますが、
実際はもっと早くにそうすべきだったと、
激しく後悔する気持ちが渦巻いていました。

が、手術を実現することはできませんでした。
私が手術に向けて動き始めた矢先、
父が急死し、それどころではなくなってしまったのです。

家の中が落ち着くまで、何年もかかりました。
その間、私も少し冷静になりました。
もしかしたら手術をしなくても済む道があるのではないかと、
あらためて側わん症の専門医がいる複数の病院を訪ね歩きました。
最初に出会った医師は、わん曲の角度が50度を超えた患者は
問答無用で手術をしなければいけないという方針でしたが(と私は感じた)、
病院によっては、その方針は絶対ではないことを知りました。
患者が望まない場合は、強要しないというスタンスです。

その時の私は手術が絶対に嫌だと思っていたわけではありませんが、
その病院では「手術をする」「手術をしない」という
2つの選択肢を与えてもらい、安心することができました。

思い返せば中学校で保健の先生に初めて「側わん症」と指摘され、
「病院に行きなさい!」と追いかけられたときも、
逃げ回ったのは、そこに選択肢がなかったからでした。
そう、私は選択肢という、心の安全地帯がほしかったのです。

現在はその医師のいる病院で経過観察をしています。
10年ほど経ちますが、今のところ進行はストップしています。
しかしそれは今後も進行しないという保証にはならないので、
定期的に様子を見ながら、医師と相談をしていくつもりです。

ここまでが私の体験談です。
読んでくださった方、個人的でシリアスな話にお付き合いいただき、
本当にありがとうございます。

次回から、私がアレクサンダーテクニークに出会って
何を学び、考え方や体がどのように変わったていったか、
そしてアレクサンダー教師となった今、
どんなことを大切にしているかを書いて行きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR