プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

アレクサンダーと側わん

私が初めてアレクサンダーテクニークを知ったきっかけは、
漫画家の槙村さとるさんのエッセイ『3年後のカラダ計画』(幻冬舎)でした。
昔好きだった漫画家さんの本だったので手に取りました。

そこに書かれていたのが、「アレクサンダーテクニーク」。
背骨に関することをやっているということもあり、
ピン!と直感に訴えかけてくるものがありました。

期待に胸をふくらませて、初めて参加した体験ワークショップでは、
正直言って自分のカラダに何が起きているのか、よくわかりませんでした。
それでも、その時、私は決めました。
「これを学んで、教える人になろう」、と。
まさに直感で、そこに1秒の迷いもありませんでした。

ひとつには、アレクサンダーテクニークの考え方に共感したからです。
それを私なりに表現すると、
「上手くいかないのは、努力が足りないのではく、むしろ多すぎるから」。

物やサービス、情報があふれかえっている今の時代。
“多すぎること”に、ずっとずっと疑問を持ってきました。
本当に大切なことは、もっとシンプルなはずだと思っていたので、
その考えの方向性に真実味を感じました。
(とは言え、アレクサンダーテクニークは100年ほど前に生まれたものですが)

また、アレクサンダーテクニークをやっている人たちのたたずまいというか、
存在の質に安心感を覚えたことも大きかったように思います。
そこに「静けさ」とでも呼びたい何かが感じられたのです。

私の直接的な願いは「側わん症」の進行を止めたいということでしたが、
そこに過剰な期待を抱くことはありませんでした。
身体は、良くなるものなら治したい。
けれども、本当に解決すべき問題はそこではないということも、
自分自身が一番よく分かっていました。

「側わん症」であることで私を一番苦しめていたのは、
痛みなどの身体的な面ではなく、心理的な面でした。

私はそれまで自分の体を「醜い」「みっともない」「恥ずかしい」と思い、
そんな劣等感を克服しようと、“自分の悪いところ”を探して、
片っぱしから直そうと決意をし、そのための努力をしました。
努力の甲斐あって、劣等感は多少改善しましたが、
なぜか心がどんどん狭くなっていき、そのことが私を苦しめました。
努力していないように見える人を見下し、
自分の基準に満たない人が許せなくなりました。
そして、そんな自分の心の狭さを否定するという、負のスパイラルに。

もしも、手術で体が変わったとしても。
あるいは、どこかのスゴ腕整体師が私の体を変えたとしても。
本当の問題は、それでは解決しないことをうっすらと感じていました。

アレクサンダーテクニークの個人レッスンを受け始めたばかりの頃のこと。
忘年会のパーティで初めて会ったジェレミー(Body Chance校長)に、
私は自分のことを話しました。
その時、ジェレミーは私にこんなことを言いました。
「君の心が狭くなっていったのはよくわかる。それは当然のことだ」
そして続けて言いました。「君はすでに完璧なんだよ」
この私が完璧?体にこんな欠陥があるのに?
「完璧」という言葉を素直に受け取ることができず、
理性では納得していないのに、なぜか泣けてきたのを覚えています。

心の奥底で、何かが溶け始めていました。

続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR