プロフィール

hikari

Author:hikari
東京・吉祥寺の「アレクサンダー・テクニーク教室FUN」で教えています。
個人レッスンや、出張レッスンご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブログでは、からだとこころにまつわる日々の気づきなどを綴っていきます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

思わぬ変化

88歳のおばと始めたアレクサンダーテクニークのレッスンを、
この度「米寿のレッスン」として記事をシリーズ化することにしました。

おばが6月中ごろに背骨の圧迫骨折をしてから、2カ月半。
この頃はすっかり良くなって、少し頑張りがきくようにもなりました。
前のように動けるようになったこと以外にも変化はあったようで、
今日はレッスンの後、自分に起きた色々な変化を語ってくれました。

まず、ひざから下の筋肉がしっかりしてきたこと。
以前はよく脚をつっていたそうなのですが、最近それがないこと。
そして、ずっと悩まされてきた夜間の尿もれも、
時を同じくしてぴたりとなくなったのだそうです。

以前は出先で鏡に映る自分の姿を見るたび、
あまりに背中が丸いので、自分にガッカリしていたそうなのですが、
この間見てみたら、そんなに嫌な感じがしなかったとのこと。
(実際、私の目から見ても、前よりシュッとして見えます)

最近、お友達に会うといつも「顔色がよくなったわね~」とほめられること。
実は私もこの間、おばの頬がピンク色なのを見て、
「あら! なんか、かわいくなった!?」と思いました(^-^)

「なんだか、これからすごくいいことがありそうな気がするわ」と言って、
おばは自分の話をしめくくりました。

年が年だけに、圧迫骨折を機に
あのまま動けなくなる可能性もあったことを考えると、
これって、本当にすごいことだと思うのです。
しかも、生活の質が前よりずっと向上しているじゃないですか!

これまでのレッスンでしてきたことは、
椅子からの立ち上がり方と歩き方の癖を見直したことでした。
脚の筋肉を鍛えるために特別なトレーニングをしたわけではなく、
首を楽にして頭が自由に動けると、からだ全体ががしなやかでいられること、
主にそれだけを伝えてきました。

私が思うに、膝下の筋肉がしっかりして、脚がつらなくなったのは、
無理のない自然なバランスで立てるようになったことで、
脚が体を支えるという本来の役割を十分に果たせるようになったこと、
そして足の関節を十分に動かせるようになったことが理由ではないかと思います。

筋肉の役割は骨を動かすことですから、
関節が本来の稼働域を取り戻すと、筋肉は使った分だけ発達します。
動きの習慣を見直して自然な動きを思い出すだけで、
わざわざトレーニングをしなくても、筋肉は普段の生活のなかで
その人に必要な分だけ鍛えることができるのです。

尿漏れが解消した理由はよく分かりませんが、
アレクサンダーテクニークをしていると、そういうことがよく起こります。
つまり、どこかが変わると、それに連動して思ってもいなかった部分が
“結果として”良くなってしまうのです。
なぜなら、体は全体としてひとつで働くシステムだから、
その変化は部分的にではなく、常に全体として起こるのです。

おばはアレクサンダーレッスンをとても楽しみにしてくれています。
私も教えるのが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR